素振りはした方がいいのでしょうか? 上手になりたい、打てるようになりたいと思うようにすれね、素振りはした方がいいでしょう。 例えば、イチローは、高校での三年間は一日も休まずに、寝る前に10分素振りをしたそうです。 また、巨人寮には、松井が素振りをしすぎたために、畳が擦り切れてボロボロになった「松井部屋」が永久保存されています。 それに、掛布は現役時代(地デジ化によってアナログテレビの歴史に幕が下りましたが、今でも一部地域では見られるそうです)、毎日500回の素振りをしていました。 このように、一流のバッターには素振りを欠かさないでやっていた時期があるようです。 しかも、ただバットを振っていたのではなく、一振りごとにテーマを決めるなど、集中して素振りしていたことがあの打率に繋がっていました。 例えば、実際にバッターボックスに立ってるところをイメージして、投手が投げてくる球の速度や球種まで考慮して振れば、イメージトレーニング(自分に合った方法を見つけることができれね、継続することもそれほど困難ではなくなるでしょう)になります。 それに、素振りの際に、バッティングフォームを確認して、ただしいバッティングフォーム(スタンス、インパクト、フォローに分けることができ、どれもとても重要です)を維持することも、とても重要なことです。 一日の回数を決めて、義務的に嫌々やるのではなく、ポイントを押さえて効果的に素振りをしてくださいー